文京シビックセンターで演奏

2月10日(金)

文京シビックセンターにて、文京区肢体障害者福祉協会主催の音楽の集い「旅立ち」コンサートにゲスト出演で演奏しました。

45分ステージで、「チャールダーシュ」「黒い瞳」「剣の舞」「映画音楽メドレーvol.2」「また君に恋してる~恋のバカンス」「新世界より」アンコールに「アドロ」。

お客さんは初めから終わりまで熱心に聴いてくれて、特にアンコールの時にTENGOがステージから客席に近づいて弾くとホントにみんなニコニコ。。

アンコールのアドロは、早いテンポにアレンジしているのですが、この日もたくさん方から「アドロがよかった~」と言っていただきました。

そして、「また君に恋してる~恋のバカンス」の二曲、実は!

TENGOのレパートリーの中でも特にリクエストが多い曲です。日本の曲はやはり喜ばれますね。

CDもたくさん買っていただき感謝です。私たちもCD販売の席でお客さんと会話し、最後は握手。

いろいろ励ましの言葉もかけていただきありがとうございました。

音楽っていいな♪って改めて思う。初めて会う人だけど、みんな笑顔。弾いている側、聴いている側、演奏が終わってからも、話しているとき、みんな笑顔。

さて、今回のコンサート、私たちのMCはすべて手話通訳がつき、横のスクリーンに訳して(!)表示されます。

ちょっと緊張した(笑)しどろもどろだったら訳せないもん。

ゆっくり話した方がいいかな~とか、特にMC担当・後藤は「標準語の方がいいんかな」と、少し標準語で喋ったつもりでいた。しかーし!帰る間際、役員さんの方から「いいですね~関西弁!ホントに和みますわ」と言っていただきました(笑)やっぱり関西弁をほめてもらうことは嬉しいですね、素直に喜びました。

今回のコンサートのためにいろいろご尽力いただいた文肢協の役員の方々、写真を撮ってくださった早川さん、

ありがとうございました。